AWS Snowball Edge(Black Belt解説)

AWS

記事説明

この記事では、「Migration & Transfer」分野の重要なサービスである、
AWS Snow Family(Snowball Edge)
について説明します。

↓Migration & Transferの重要なサービス一覧
・AWS Application Discovery Service
・AWS Server Migration Service
AWS Snow Family
・AWS DMS

↓参考:【AWS Black Belt Online Seminar】AWS Snowball Edge
https://d1.awsstatic.com/webinars/jp/pdf/services/20180322_AWS-BlackBelt_SnowballEdge.pdf

実施プロセスのおさらい

移行の実施プロセスのおさらいです。

ディスカバリー ・・・ 移行対象機能の洗い出しなど

設計 ・・・ 計画、手順設計、作業見積もりなど

変換 ・・・ ネットワーク、アプリケーションの実装、単体テストなど

移行 ・・・ パイロットテスト(受け入れテスト)、リリース準備など

運用 ・・・ プロビジョニング、利用者研修、インシデント対応など

最適化 ・・・ 移行後の評価と最適化、継続的なアップデートなど

変換・移行のフェーズにおいて、利用できるサービスが
AWS Snowball」「AWS Snowball Edgeとなります。

AWS Snowball Edge概要

概要としては、「ハードウェアを用いてオンプレミスのデータをAWSに移行する」サービスであり、
Snowballとの主な違いは、下記になります。

・データ容量が100TB(実質82TB)
・データの暗号化をクライアント側で行わずにEdge側で行う
・コンピューティング機能を保持しているので、クライアント端末側のスペックは不問
・ローカルストレージとして利用可能

引用元:https://d1.awsstatic.com/webinars/jp/pdf/services/20180322_AWS-BlackBelt_SnowballEdge.pdf

Snowball Edgeは、Snowballと同じく、東京リージョンではPrivate Previewとなっております。

Snowball Edgeの価格は、下記の通りになっています。
100TBのアプライアンス ・・・ $300

Snowball Edgeアプライアンスへのデータ移行方法

大まかな流れとしては、Snowballと同様で、下記となります。
1.AWSコンソールでSnowballのジョブを作成する
2.届いたSnowball Edgeアプライアンスをネットワーク接続する
3.クレデンシャル情報(アンロックコードとマニフェスト)をコンソール画面からダウンロード
4.Snowball Edge Clientを用いてアプライアンスにデータ転送する
5.Amazonにアプライアンスを返却する
6.S3にデータが保管される

※引用元:https://d1.awsstatic.com/webinars/jp/pdf/services/20170614_AWS-BlackBelt_snowball.pdf

「4.Snowball Edge Clientを用いてアプライアンスにデータ転送する」の
Snowballデバイスへのデータの書き込み、読み出しは、
専用のクライアント(S3 Adapter)から行います。
また、ファイルインターフェースとして、NFSクライアントからマウントすることが可能です。

<補足>
転送速度 : NFSクライアント < S3 Adapter
最大ファイルサイズ : NFSクライアント(150GB) < S3 Adapter(5TB)

Snowball Edgeのベストプラクティス

下記については、Snowballのベストプラクティスと同じなので、以前の記事を参考にしてください。

1.転送を可能な限り並列化する
2.転送ファイルが小さすぎないかを確認する
3.アプライアンスとやりとりしたファイルの整合性を確認する

参考:AWS Snowball(Black Belt解説)

他に違う部分で言えば、下記の2点が挙げられます。

4.オブジェクトの自動展開を利用する
Snowballの場合はS3にアップロードされる際に、オブジェクトは圧縮されたままでしたが、
Snowball Edgeの場合は、自動的に展開することが可能です。
※ただし、1つのアーカイブに含めるファイルは10,000程度までが推奨です。

5.まず1台Snowball Edgeを発注し、実環境で性能測定を行う
基本性能の環境測定後、移行するデータ容量、移行期間の要件に合わせて
データを適切なセグメントに分割し、必要な台数を発注します。

まとめ

AWS Snowballと同じく、まだ東京リージョンでは条件次第でしか利用できませんが、
クラウドマイグレーションにおいてデータ転送は必要不可欠なので、
早々に利用できるようになることを期待します。

Snowball EdgeとSnowballの違う点で、ローカルストレージとして用いることができるのですが、
ユースケースとしては、1年以内にクラウドマイグレーションを検討している場合とかですかね。

それでは、お読みいただきありがとうございました。

コメント